時々オタクを辞めたくなる。

アニメ、ゲーム、マンガ、参加イベントについてアップしていく予定です。

正解するカド 1話&2話

【ネタバレ含みます!まだ見ていない方は本編をご覧になった後にお読みください】



正解するカドは、今季アニメの中で1番楽しみにしていると言っても過言ではない。私的好きなアニメランキング上位にくい込んでくる可能性大。

そもそも、小説でもアニメでもSF、所謂「未知との遭遇」が大好物の私にとってはストーリー(イントロダクション)をHPで見ただけで色々想像(妄想)を膨らませ、ウハウハしていました。


軽くネタバレを交えつつ気になった点など書いていきます。



【絵が綺麗】
今回は東映アニメーションのフルCGアニメーションとの事で、イメージ的にはブブキ・ブランキみたいな感じになるのかなと思いました。CGと言えば昔見ていたきらりん☆レボリューションがいつの間にか3人ユニットになりタンバリンを叩き、人物だけぼっこりとCG、3Dになった思い出があります。(当時は友達宅でみんなで文句言いながら見てた)

さてどうなる。いざ見てみると、あまり違和感は感じませんでした。ぼっこりしてるっちゃしてるんですけど、異質感はなく、風景(特にカド)は綺麗だし、よりリアルさを感じるのでますますこれはシン・ゴ……(っ>ω・)つ)o゚)∵

キャラ原案の先生の絵も綺麗ですよね…。
気づいたらクリアファイルが部屋に。


【カドとは一体】
このカドとヤハクィザシュニナの正体、どこから来たのか、どういう存在なのか等諸々はザシュニナ本人が何故かコクピットに座って話していたっぽいシーンは2話内にあるのですが訳わかめなBGMのみ流れるという焦らしプレイをかましてくれたので、恐らく3話の交渉シーンで我々視聴者にも伝えてくれることでしょう。

個人的には、カドやヤハクィザシュニナの正体は本質ではなく、別の部分、それこそザシュニナが言う「正解する」事がメインなのではないかなと思ってますが、如何せんシリーズ構成があの、野﨑まどさんなのでこんな単純な話じゃないでしょうね…。最後まで見られるか心配。



【シン・ゴジラ
実をいうと、正解するカド1話を見る数時間前にシン・ゴジラをレンタルしたものを見ていたのでどうしてもシン・ゴジラにしか見えません笑

登場キャラのアップに画面下中央のキャラ紹介
あのフォント
内閣うんちゃらかんちゃら
カド対策なんちゃら会議
突然早口専門用語パレードの女の人
主人公冷静
未知なる生物

もうここまで来ると、恐らく7話あたりでアメリカと国連が出てくるんでしょ。と思わずにはいられない。
個人的にザシュニナさんの裸で釈迦ポーズが超絶面白かったので、消滅エンドはやめていただきたいし、消滅は免れないならせめてあのポーズで氷漬けしてください。



主人公クラス(エンディングで出てくる人達)はみんな目のはしが赤いのはただ単にそういうデザインなのでしょうか…。ザシュニナさんの赤さは特徴的で、(白さも異常)実は、主人公達もカド側の人間だったとかだったら面白いのにと思ってます。

本編の前のお話として0話がありますが、それよりも前から話は始まってるとか、繰り返してるとか…は単純か。

野﨑まどさんだからな………。


憶測と妄想だらけで鑑賞してるので、今度は素直な心で視聴します。

次は3話!交渉スタート回、だと思われる。